お客様の安心のために、お客様の個人情報を大切にしています。

文字の大きさ

文字サイズの選択
HOME > 品質管理活動 > プライバシーマーク
プライバシーマーク

プライバシーマーク

プライバシーマークの説明図

プライバシーマーク制度とはプライバシーマーク制度は、個人情報保護に関するJIS規格(JIS Q15001)に基づき、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者であるかを審査認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークを認める制度です。

プライバシーマーク制度の目的事業者が個人情報の取扱いを適切に行う体制等を整備していることを、ご利用者さまの目に見えるプライバシーマークとして掲示することで、個人情報の保護に関するご利用者さまの意識の向上を図ることです。

プライバシーマーク制度の運営プライバシー制度の運営にあたり、「個人情報保護マネジメントシステム」を確立し、「個人情報」を安全に管理する体制を整え、個人情報保護方針を定めます。
個人情報マネジメントシステムを推進するための社内体制を整え、作業計画を立て(Plan)、「個人情報」の特定や従業員の教育などを実施していきます(Do)。
その運用を点検(Check)、課題を改善します(Act)。

このページの先頭へ

保健医療福祉分野のプライバシーマーク

保健医療福祉分野のプライバシーマークのイメージ

保健医療福祉分野のプライバシーマーク制度は、基本的に一般事業者のプライバシーマーク制度と同じですが「JIS Q 15001」に準じて策定した保健医療福祉分野のプライバシーマーク認定指針を適用範囲としています。
これはプライバシーマーク制度の中でも特に基準の厳しい指針とされています。
保健医療福祉に関する事業を行う事業者とは、病院・診療所・調剤薬局・健康保険組合・介護施設サービス・その他、保健・医療・福祉分野に関連する事業者などです。

当社は、ご利用者さまの病歴や既往症などを含む個人情報を多く取り扱っています。
そこで、2002年にプライバシーマーク認定取得に向けてプロジェクトを発足。民間緊急通報事業会社ではじめて保健医療福祉分野のプライバシーマークを取得し、2009年7月には3回目の認定を受けました。
プライバシーマークは取得後の運用が重要です。当社では「個人情報保護委員会」を設置し、日頃から各部門や分科会のメンバーと連携して厳しく行動をチェックしています。
さらに年1回、全部門に対して内部監査を行うなど、システムを確実に運用できる体制を整えています。

このページの先頭へ
職員募集中 登録ヘルパー募集中 介護事業所「かたくり」一覧 かたくり福祉用具レンタルカタログ 品質管理活動 お問い合わせ 個人情報保護は万全の体制で