社員・職員の生活習慣改善をサポート!「特定保健指導」の内容についてご説明します

文字の大きさ

文字サイズの選択
HOME > 事業案内 > 特定保健指導 > 保健指導のしくみ
特定保健指導のしくみ

特定保健指導とは

自分の健康状態を自覚し、生活習慣改善のための自主的な取り組みを継続的に行えるように指導すること。
特定保健指導とは説明図
特定保健指導の背景

日本の医療保険制度は、誰もが安心して医療が受けられるしくみになっています。
しかし、急速な高齢化や高度医療の発達に伴い医療費の増加が著しく、このままでは医療保険制度の崩壊が危惧されています。
国民医療費の中で生活習慣病(がん、虚血性心疾患、脳血管疾患、糖尿病など)が約30%を占め、死亡原因でも生活習慣病が60%を占めています。
厚生労働省では「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づいて健康保険組合などの医療保険者に対して、40歳~74歳の加入者を対象に、メタボリック シンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した特定健診・特定保健指導の実施が義務づけられました。
特定健診・特定保健指導は、メタボリックシンドローム該当者・予備群を健診結果から抽出し、リスクの高い方に対して効率的な保健指導を行い、生活習慣病を予防・改善していくことを目的としています。
肥満症や高血圧症、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病は、それぞれが独立した病気ではなく、内臓に脂肪が蓄積した「内臓脂肪型肥満」が共通の原因であることがわかってきました。
内臓脂肪型肥満に加え、高血圧、脂質異常、高血糖のリスクを複数あわせもち、生活習慣病を引き起こす確率が高い状態をメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と言い、重なるリスクの数が多いほど、命にかかわる心臓病や ]卒中を発症する危険性が増してきます。
メタボリックシンドロームの解消のために生活習慣(運動不足・不規則な生活・過度な飲酒・喫煙・ストレス・偏った食事など)を改善していくことが重要です。

このページの先頭へ

受診者のグループ化の基準

受診者のグループ化の基準説明図
このページの先頭へ

サービスの流れ

サービスの流れの説明図
このページの先頭へ
職員募集中 登録ヘルパー募集中 介護事業所「かたくり」一覧 かたくり福祉用具レンタルカタログ 品質管理活動 お問い合わせ 個人情報保護は万全の体制で