• 標準
  • 大きく

文字サイズ

あんしんセンター事業

あんしん
センター事業

  1. HOME ⁄ 
  2. あんしんセンター事業 ⁄ 
  3. 緊急通報サービス ⁄ 
  4. モバイル版緊急通報サービス

モバイル版緊急通報サービス

「モバイル版緊急通報サービス-あんしんペンダント」

安全センターの緊急通報サービスは、高齢者の要介護化の「予防」を目的としています

寝たきりにさせない・早めの手当て・早めの対応「ALSOKあんしんケアサポート」の緊急通報サービスは高齢者の要介護化の「予防」を目的としています。

自治体様には
高齢の住民の方々が、自立した生活を送れるように。

高齢者さまには
自分のことを自分でできる喜び。自立をお手伝いし、生活の質を向上します。

ご家族には
離れて暮らす高齢の家族の、要介護化による介護の負担・不安から解放します。

モバイル版緊急通報サービスの特長

■本体から電波の届く範囲において、自宅のどこからでも通報・通話が可能

自宅のどこからでも通報・通話が可能従来型の緊急通報装置・ペンダント型無線送信機の組み合わせ時のように、何処からでも通報・通話が可能です。

■設置工事が不要

設置工事が不要モバイル版のため、配線などの工事が不要。緊急通報装置設置スペースの確保も必要ありません。

■電話回線が不要

電話回線が不要携帯電話の電波を利用するため、ご自宅に固定電話がなくても利用できます

■ペンダントのみのシンプル操作

電話回線が不要従来型の緊急通報装置にある「緊急」「相談」機能がひとつのボタンに集約され、「押して話す」という自然な操作になりました。

モバイル版緊急通報サービスのしくみ

ご利用者さまからの通報が口調や様子から緊急を要すると判断された場合、看護師と相談員が対応します。緊急度に応じて所轄の消防署や医療機関に出動要請を行ったり、親族に連絡をします。
救急車が到着するまでの間も、「もうすぐ救急車が来ますよ」などの呼びかけを行い、状況の変化を把握するとともに利用者さまの不安を和らげます。また何回お電話しても応答がない場合は協力員の方にお願いして様子を見に行っていただくこともあります。

モバイル版緊急通報サービスのしくみ

ページの先頭へ

ページの先頭へ

Copyright© 2000 - 2019 ALSOK Care & Support Co., Ltd. All rights reserved.

ページトップ